100215-1601.jpg生姜の次は山葵が熱い?!

【山葵】と書いて、ワサビと読むんですね。

寒い冬、カラダを暖めてくれる生姜が熱い熱いとご紹介してきましたが、
次はワサビが熱い!?!?という、素敵なニュースを見つけました。

なんと、『ワサビの力で老化が防止される??』というニュース。

ワサビの辛み成分には、
がんや糖尿病などの病気予防や、老化防止に役立つ可能性がある
ということがわかりました。

喫煙や農薬によって摂取される毒物や、ストレスよって、
がんや糖尿病などの病気だけでなく、老化も引き起こされています。

研究では、
農薬などのストレスを与えてそのままにしておいた虫と、
農薬などのストレスを与えた後、ワサビの辛み成分を与えた虫とでは、
後者の方が生存率が大幅に上昇した、という結果が出ています!!

>>ワサビの辛みで老化防止? Yahoo!ニュース

今後のワサビの活躍が期待できそうです。

調べてみると、ワサビには、
消臭効果や食欲増進効果があることは古くから言われているようです。

お刺身やお寿司にワサビがついているのも、
魚の生臭さを消すための生活の知恵として知られていますよね。

他にも、抗菌・抗カビ効果もあり、食中毒菌に対して増殖抑制効果があるようです。

ただ、わさびはすりおろして1?3分で香り・辛味のピークに達し、
美味しく感じるのはその後10分程度…という話。

普段チューブのわさびを利用していますが、
ちょっとすりおろすわさびにも挑戦してみようかと思うような話でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加