TOP.jpg

冬野菜の不思議に迫る

最近、自炊を始めて、
買い物に行くことが増えましたが、野菜と言ってもいろんな種類がありますね。

先日TVを見ていると、木村拓哉さんが年末の4日間トマトだけで過ごす!!
という番組をしてました。
生のトマトを大量に食べて、一言『寒っ…』と。
どうやら、トマトは夏野菜なので、体を冷やしてしまうそう。

夏野菜は体を冷やす、というのはよく知られていますが、
これだけ一年中同じものが売られていると、
何が夏野菜で何が冬野菜かご存知ない方もいらっしゃるかも…
(と、言う私がその1人。)

日に日に寒くなってきますので、今日は心も(?)体も温まる冬野菜を
おいしい選び方と一緒にご紹介します。

大根.jpg 
白菜.jpg 
かぶ.jpg 
カリフラワ2.jpg

大根     根の皮に白くつやがあってずっしりと重いもの。横筋やひげ根の少ないもの。
白菜     巻きがしっかりしていて重いもの。
ねぎ     白い茎が長くて太く、張りのあるもの。また、緑の部分の色は濃いもの。
かぶ      葉がみずみずしくて根は白くてキメが細かいもの。傷があるものはいたみやすい
カリフラワー つぼみの色が白くてこんもりと硬く締まって、どっしりと重いもの。
ゆり根    色が白くて鱗片が大きく、はりがあってよくしまったもの

小松菜    葉柄が短く、厚めでピンとしたもの。葉は小ぶりなもののほうが柔らかい。
春菊     茎があまり太くなく、葉先まで緑色が濃く、みずみずしいもの。
ごぼう    泥つきで、太さが均一(10円玉くらい)でまっすぐなもの
ほうれん草  緑が濃く葉が肉厚で、張りがあり、葉先がピンとしているもの
にら     葉の緑色が濃くて肉厚なもの

こうして見てみると、他の季節に比べて、白い野菜が多い気がしますね。

陰陽五行で、冬は水のエネルギーと言われています。
水のエネルギーでは、黒いものをとるのがおすすめです。

黒い食べ物といえば…ごま、ひじき、昆布、のり、イカ墨、プルーン。。。
でも黒い野菜ってなかなかないですよね。。

陰陽五行で白い野菜をオススメしてるのは秋の金のエネルギーです。

では、なぜ冬なのに、白い野菜が多いんでしょう? 

 

実は、
秋=金のエネルギーは、冬=水のエネルギーを助長してくれるんです!!

つまり、黒い野菜がないので…
白い野菜に手伝ってもらって水のエネルギーを養って、元気に冬を乗り切ろう!!ということです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加