とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ 

Recipe: Masami 

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ 

まるで本物の鶏肉のような食感の大豆たんぱくをカラッと香ばしく揚げました。
そこにネギの香りたっぷりのとろとろなソースを♪
カラっとした歯ごたえととろっとしたソースの旨みが食欲をそそるヨガジェネ流からあげ。
ベジもノンベジもみんな満足な一品です♪

<材料>(3人分)
大豆たんぱく(ブロック) 12?15個 / しょうが 一片 / 醤油 大さじ3 / だし汁 500? / 
ネギ 1/2本 / 玄米粉 適量 / 菜種油 適量 / ごま油 大さじ1

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ1

<作り方>
まず、だし汁を準備しておきましょう。
 
●昆布&椎茸だし

とっても簡単で、作り置きできるので味噌汁、スープ、煮物を作る時などに大活躍!

<作り方>

お茶を作る容器などに水1リットルを入れ、5?6cmくらいの昆布2片、(または10cmくらいなら一片),干しシイタケは
小さいものなら3?4個、大きいものなら1つを入れ1時間?半日くらいおいておけばできあがり。

(今の季節なら1?2時間くらいでできあがります)

*昆布や干しシイタケの品質によって濃さが変わるのでいろいろ試して自分の好みの濃さに調整してみましょう。

*気温が高い時以外は冷蔵庫にいれなくても大丈夫。

半日以上たっても使い切れない場合は冷蔵庫に入れて保存しておけば2日間くらい持ちます。

漬け汁を作っていきます。
ボウルにだし汁を300?入れ、そこにしょうがをすりおろしていきます。

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ2

そこに醤油を大さじ2加えます。

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ3

大豆たんぱくをその漬け汁に漬けていきます。

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ4

20分位漬けこんでしっかり味をしみ込ませていきます。

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ5

その間にネギをみじん切りにしていきます。

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ6

しっかり漬けこんだ大豆たんぱくに玄米粉をまぶしていきます。

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ7

片栗粉でももちろんできますが、玄米粉の方がカラッと揚がります。
今回使用した玄米粉は以前Foodコーナーでご紹介した(https://www.yoga-gene.com/food/18644.html#content
お米の山田屋さんの玄米粉です。
http://yamadayakome.co.jp/index.html
挽きたての玄米粉が手に入りますよ♪

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ8

鍋に菜種油を180度に温め、大豆たんぱくを揚げていきます。

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ9

こんがりきつね色に揚がったら、鍋から上げて油を切ります。

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ10

ネギソースを作っていきます。
フライパンにごま油をひき、中火でじっくりネギの香りがでるように炒めていきます。
香りがでてきたら、大豆たんぱくの漬け汁に残りのだし汁、醤油を加えて煮込みます。
味見をして、醤油の量を調整してください。
最後に玄米粉大さじ1を水で溶いたものを加えとろみをつけます。

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ11

お皿にからあげを盛り、そこにあつあつネギソースをかけたらできあがりです♪

とろとろねぎソースとカラっと揚がった大豆たんぱくのからあげ12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加