yr1-top.jpg

Recipe: Masami    Special Thanks:G-veggie              

お味噌やヒジキを使ったちょっと和風な玄米パエリア♪

スペイン料理でおなじみのパエリアが、日本ならではの食材のヒジキやお味噌と出会いました。

名づけてヨガジェネ風「和パエリア」。シンプルな食材から作られたとは思えないほど、

と?ってもリッチな気持ちになってしまう一品。

ヒジキの優しい磯の香りが海をイメージさせてくれます♪

—Recipe— 

材料:(4人分)

玄米 2カップ(400cc) / 昆布&椎茸だし 540cc/ 乾燥ホタテ 8個

白ワイン 20cc / ターメリック 小さじ1 / 塩 小さじ1  / 麦みそ 大さじ1

玉ネギ 1個 /ニンニク 1片 /オリーブオイル 適量

エリンギ 1パック / 長ヒジキ  10g

【飾り用】赤・黄色パプリカ 各1/2個 / インゲン 70g / レモン 1個

 

□□□作り方□□□

・昆布&椎茸だしを準備します。

とっても簡単で、作り置きできるので味噌汁、スープ、煮物を作る時などに大活躍!

お茶を作る容器などに水1リットルを入れ、5?6cmくらいの昆布2片、(または10cmくらいなら一片),干しシイタケは小さいものなら3?4個、

大きいものなら1つを入れ1時間?半日くらいおいておけばできあがり。

(今の季節なら1?2時間くらいでできあがります)

*昆布や干しシイタケの品質によって濃さが変わるのでいろいろ試して自分の好みの濃さに調整してみましょう。

*気温が高い時以外は冷蔵庫にいれなくても大丈夫。
 
*半日以上たっても使い切れない場合は冷蔵庫に入れて保存しておけば2日間くらい持ちます。

☆マクロビ豆知識☆

昆布は陽性、干しシイタケは陰性。

両方からだしをとることで陰陽のバランスがとれただし汁になります。

 

・玄米をとぎましょう。

玄米をボウルに入れ、やさしくまわしながら洗う。水は2?3回変えたら一旦ザルにあげ、水をしっかり切っておきます。

 

・長ひじきは水に戻してみじん切りにしておきます。

ちなみに、長ひじきは円柱形をしたひじきの茎の部分です。

よく目にする細かいひじきは同じひじきの葉の部分です。

(もちろんこちらでも作れます)

yr1-2.jpg 

 

・エリンギは縦に半分に切ってから、ホタテ貝のような形になるように切っていきます。

切り終えたら、小さじ1の塩でもんでおきましょう。

yr1-3.jpg 

 

※ここでしっかりと塩をしておくとよ?く旨みがでます。  

 

yr1-4.jpg 

 

・玉ネギとニンニクはみじん切りにしておきます。

yr1-5.jpg

yr1-6.jpg

 

・乾燥ホタテは少量の白ワインで戻しておきます。

*エリンギの形に合わせて半分にさいておきましょう。

*ベジタリアンの方へ・・・乾燥ホタテを使わず白ワインだけでもひじきの磯の香りが生きてちゃ?んとおいしく仕上がりますよ!

*魚介類が好きな方へ・・・炒める時に魚介類(貝類、エビなど)を加えてもOK。(その場合は乾燥ホタテなしでも作れます)

yr1-7.jpg 

・温めた圧力鍋にオリーブオイルをしき、玉ネギ、ニンニクを入れて弱火でゆっくりじっくり茶色くなるまで炒めます。 

yr1-8.jpg 

・ちょっと大変だけどがんばって根気よく炒めましょう!

※これがソフリートと言って、スペイン料理の味の決め手になります!!

yr1-9.jpg

                ↓   ↓   ↓

yr1-10.jpg 

・茶色に色づいてきたら、ヒジキを加えて炒めます。

yr1-11.jpg 

・エリンギも加えて炒めます。

yr1-12-1.jpg

 

・最初に洗っておいた玄米を加えて炒めます。 

yr1-12.jpg

 

・香ばしい香りが漂ってきますよ? 

yr1-13.jpg 

 

・さらに、一番最初に作っておいただし汁と、

yr1-14.jpg 

 

・白ワインでもどしておいたホタテ、溶いた麦みそを加えて、

*麦みそは先にだし汁で溶いてからいれるとまんべんなく混ざりやすくなります。

yr1-15.jpg

 

・ターメリックを圧力鍋に入れて、

*今回はパエリアなので色付けでターメリックを使いましたが、味付けは多種多様にアレンジしてもおいしいと思います。

例えば、カレー粉を入れてカレー風味、炒める時にホールトマトえ入れてトマト味にしてみるのもアリ♪ 

yr1-16.jpg 

 

・圧力鍋に蓋をして、強火にかけます。 

yr-17.jpg 

・圧がかかって圧力鍋のピンが回りだしたら、弱火にして22分くらいコトコト炊きます。

美味しく炊くために、タイマーをかけておくのをおススメします。

 

・パエリアを炊いている間に飾り付けの準備をしましょう!

赤&黄色パプリカは半分に切ったら、1cm幅くらいに縦に輪切りにして茹でます。インゲンもさっと茹でて半分の長さに、レモンはくし型に切っておきます。  

yr1-18.jpg

yr1-19.jpg

 

・22分たったら、最後に15秒くらい強火にして中の水分を飛ばします。

火からおろして(余熱で焦がさないようにちゃんとガスコンロからおろしましょう)

10分くらい蒸らします。

 

さあ、パエリアが炊きがりました?♪

 

・よ?くかき混ぜましょう。

この時、なべ底のご飯と上の方にあるご飯をしっかりと混ぜていくことを、天地返しといいます。

yr1-20.jpg

☆マクロビ豆知識☆

底の方のご飯は火に強くあたって締まっているので陽性、上の方のご飯は水分が多いので陰性。

しっかり混ぜることで陰陽のバランスが整って中庸のご飯になります♪

 

・お皿に盛って、パプリカ、インゲン、レモンを彩りよくかわいく盛り付けたらできあがりです♪

玄米は噛みごたえたっぷりなのでよく噛んで味わっていただきましょ?。

yr1-21.jpg

 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加