senioryoga.jpg

おじいちゃん、おばあちゃんもレッツヨガ!

少子化がすすみ、日本の人口に高齢者が占める割合が高くなっていく今日この頃。
太極拳やヨガなど無理なくゆったりと楽しめるものに、注目が集まっています。

2009年3月にインディアナ大学でVan Puymbroeck助教授のもと行われたリサーチでは、
ヨガがお年寄りの健康増進に良い結果をもたらし、参加者が練習を楽しく感じたことが確認されました。

<リサーチ内容>

・ 平均年齢78歳のお年寄り14人が対象。5人は以前転倒した経験があった。
・ 週に2回のハタヨガを、経験の長いヨガ・セラピストのもとで12週間練習。
・ 出席率は90%を越え、こういったリサーチとして異例の参加の高さを記録した。
・ 12週間のヨガ体験のあと、6%の転倒への恐怖減少、34%の下半身柔軟性向上を認識

参加者は「ヨガは、たいへん素晴らしかった」という回答をよせ、
ポーズをとるときに使用する原則を生活の中で活用することができることの利点、
関節の可動域向上、柔軟性とバランス感覚の改善などをあげた。

ヨガも一くくりにできないほど様々な種類がありますし、シニア向けのヨガはまだ少ない現状です。
やさしい座りポーズ主体のものから、立ちポーズ、ジャンプするアクティブな内容のものなど
初めての人が選ぶのには、少々迷ってしまうことでしょう。
また、若い人ばかりの集団に入っていくことに躊躇してしまうシニア層もいると考えられます。

健康なお年寄りであったとしても、骨折から寝たきりになってしまうケースが多いことから
転ぶ可能性のあることを生活から完全に排除しようとして、エクササイズを敬遠する人もいます。
経験のあるインストラクターのもとで、ゆっくりと練習することが特に大切でしょう。

高齢の時期は近づく死への恐怖、そして孤独感なども高まる年齢です。
ヨガが有効だと認知されているリラックス効果や精神安定効果が、
もたらす良さが、お年寄りにも届きやすくなるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加