bounenkaitop

 

年末年始の風物詩『忘年会・新年会』

今年もいよいよ12月。1年がもう終わろうとしています。毎年「あ〜今年はあっという間だったな」なんて言いながら、慌ただしい師走もあっという間に過ぎていきます。慌ただしさの原因は、仕事納め、クリスマスやウィンタースポーツの始まり時期などのイベントごと。そして、1人いくつも参加することになる年末の風物詩『忘年会』。さらに年始には『新年会』がいたるところで繰り広げられます。毎年、この年末年始にしか会わない友達もいるんじゃないかというくらい。

そうして旧友との再会、1年を共に過ごした友人や同僚と、今年の失敗談や大変だったこと、楽しかったことを語り合いながら過ごす楽しすぎる時間が肴となり…お酒とご飯のどんどんどんどん口の中に運んでしまいます。そんな時期に手放せないのがウコン、ヘパリーゼ、胃腸薬などのお助け薬たち。著者も、最近はこれらを飲まないと次の日に胃もたれが残ってしまい怖いくらいです。

お助け薬使用の意外な盲点?

 
一方で、これらのお助け薬たちは、肝臓の機能を向上や消化酵素などによる消化の促進などサポートはしてくれるものの、飲み続ければ自分の本来の消化力や肝機能はきっと怠けてしまいます。そうして、身体が疲れてしまったり、便秘になったり、1ヶ月後には「正月太り」なんていう見た目にも最悪な結果を引き起こします。それを避けるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

消化の仕組みを知る「消化の炎(アグニ)」

bounennkai1-1

アーユルヴェーダでは、消化機能を身体の中の「アグニ」という名前の「消化の炎」が司っていると言われています。「アグニ」とはインド神話に出てくる火の神様を意味しています。アーユルヴェーダにおける「消化」とは体内に取り込まれた食べ物(栄養)をエネルギーに変換し吸収することを意味しており、アグニは体内のあらゆる場所に存在するものと考えられています。さらにアグニの機能は食べ物の消化吸収に限らず、細胞の変換、体温調整なども挙げられます。

アグニを理解するときには、「小さな火種」があるとイメージすると良いです。その火種に私たちが食べたご飯が燃料となって、炎が大きくなったり小さくなりながら燃えています。メラメラと燃えながら食べ物をエネルギーに変換し、最後に残った「老廃物(マラ)」を汗・尿・便としてキレイに体外へ排出します。
 
このサイクルが上手に回っていると、消化機能が健全だと言えます。一方で消化の炎が弱まってしまって燃やしきれないと「未消化物(アーマ)」が残り、毒素として身体に蓄積してしまいます。反対に火力が強すぎたり、食べ物の量が多すぎても「未消化物(アーマ)」が発生してしまいます。

<消化機能のまとめ>
アグニ・・・消化の炎
食べ物・・・栄養 
  → エネルギー
  → マラ(老廃物)・・・・汗、尿、便としてキレイに体外へ排出される         
  → アーマ(未消化物)・・毒素となって身体の中に

このように、正しい消化は「消化の炎(アグニ)」を、安定的にいい感じの炎、つまり中火に保つこと。なるべく「未消化物(アーマ)」を発生させず、しっかりと「老廃物(マラ)」として排出することが必要なのです。イメージしてください。脂っこい食事を炎に注ぎ、冷たいビールを浴びせ、、、、翌日「胃もたれがする・・」と言っているのは、まさに「未消化物(アーマ)」が蓄積しているからなのです。

 

「消化の炎(アグニ)」を整える

それでは、どのように「消化の炎(アグニ)」を正常に働かせればいいのでしょうか。アーユルヴェーダでは3つのドーシャのタイプで日々の食事法を紹介しています。
>>>アーユルヴェーダ的正しい食事法! 前編: ポイントは“消化力”!

今日は、ドーシャに関係なく全員が意識できるポイントをご紹介いたします。ポイントは、燃えやすいものを食べるということと、「消化の炎(アグニ)」の火加減です。

1)新鮮でピュア(純)なものを食べる

bounennkai5
古いもの、加工したものなど、人の手が加わっているものは、消化(エネルギーへの変換)が難しく時間がかかると言われています。例えば、新鮮で全く加工していないエネルギーの塊といえば「フルーツ」です。その他も、野菜や、その場で調理した新鮮なものをなるべく選ぶように心がけましょう。

2)温かいものを食べる

bounennkai2
冷たいものは「消化の炎(アグニ)」を弱らせます。冷たいピールもいいですが、温かい焼酎や日本酒、ワインなど、温かいままいただく美味しいお酒もありますので、メニューを選ぶ際に意識してみるのもいいかもしれません。
 
《オススメ》今日食べ過ぎたな〜とか、調子が悪いなと思った時には、寝る前にコップ一杯の白湯を飲んでから寝ると夜の間に消化が進みます。日中も冷たい飲み物よりも白湯が断然オススメです。

3)腹7分目

bounennkai4
キャンプファイヤーの炎に一気にまきをくべ過ぎて、火を消してしまったことはありませんか?実際の炎が上手に燃えるために一定の空間(酸素)が必要なように、アグニも食べ物を満タンに詰めすぎると力が弱まってしまいます。消化のために腹7分目を心がけましょう。7分目のポイントは「げっぷ」です。実は「げっぷ」は、ちょうど7分目あたりで、「もうご飯は十分ですよ」と身体が出してくれているサイン。これを聞き逃さないようにしましょう。

4)ご飯の時間を空ける

bounennkai3
「消化の炎(アグニ)」が前の食事を燃やしているところで、また新しい食事を上からどさっと入れられたら、炎はどうなるでしょうか?おそらくよく燃えたものと燃えていないものが入り混じり、炎も弱くなるはず。前の食事がしっかりと消化され終わってから、次のご飯を食べるようにしましょう。
 
これにも身体の合図があるんです。お腹がなったり「食べ物の匂いがしないげっぷ」が出ることがあります。イメージでは6時間程度。毎日仕事が不規則でお昼の時間帯に昼食が取れないこともあると思いますが、7時から飲み会があるのに、2〜3時にお昼ご飯をお腹いっぱい食べるのは良くありません。次のご飯の時間を考え、自分で時間を調整しながら食事を楽しみましょう。

5)身体を温める

「消化の炎(アグニ)」の火加減の話をしてきましたが、それだけではなく身体自体を温めることをオススメします。アグニは身体の体温調節を司っています。身体が冷えていたら消化よりも身体を温めることを優先してしまうかもしれません。また、冷えた身体の中ではアグニも正常に燃えられません。毎日の適度な運動、特に朝に軽くヨガを行うのがオススメです。普段の太陽礼拝に、体幹を使い熱を生むようなウトゥカタアーサナ(椅子のポーズ)などを追加してもいいですね。

 

消化の炎と心の安定

bounennkai6
最後に、インド神話のアグニは人間や動物の体内では本日紹介したような「食物の消化作用」として存在し、栄養を全身に行き渡らせて健康をもたらすだけではなく、子孫繁栄や財産(家畜)の増大などももたらすとされていました。さらに、心中の怒りの炎・思想の火・霊感の火としても、例えばいわゆる「やる気・闘志」と言った心の中の炎としても存在すると考えられていました。
 
つまり、「消化の炎(アグニ)」を正常に保つことは、心の安定にもつながります。炎が弱まると、気分も暗くなることもあり、反対に炎が異様に大きくなると、怒りっぽくなることもあるようです。このように「消化の炎」に「心の炎」が影響を受けることがあります。この年末年始、身体のためにも、心のためにも「消化の炎(アグニ)」を整えましょう。

素敵な年末年始をお過ごしください。

 

色とりどりの野菜に浮かぶ食生活改善のタイトル季節に合わせた食事法をアーユルヴェーダ理論に基づいて学ぶびたい方へ
福田真理先生による『アーユルヴェーダで食生活を改善する2日間集中講座』

アーユルヴェーダ理論が教える、私たちの体に本当に必要な”栄養”を理解。自分のタイプに合わせて食事のメニュー、時間、間隔までも上手に工夫します。さらに充実した食生活を送りましょう。※10種類のスパイスプレゼント付き
講座の詳細はコチラ⇒⇒


mari_fukuda本格的なアーユルヴェーダで季節ごとのライフスタイルを見直したい方へ
福田真理先生による『アーユルヴェーダヨガ実践プログラム(5日間)』

年末年始に溜め込みがちなストレス、脂肪、消化、自律神経などの様々な不調。解消するには夜の時間の過ごし方が鍵。2時間×5日間で体調を整えるのにぴったりな19時以降の時間を贅沢に過ごすプログラム。
講座の詳細はコチラ⇒⇒



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加