womenshealth

心の声を聴こう!アーユルヴェーダからみた女性の健康とは?

marifukuda_columDr.ヴァサント・ラッド師から直々にアーユルヴェーダを学び、米国The Ayurvedic Instituteを卒業した日本人アーユルヴェーダ講師
福田真理先生による人気コラム!

このコラムでは、
そもそもアーユルヴェーダとは何か?
私たちの生活にどう活かせるの?
など、アーユルヴェーダに関する絶対おさえておきたい
ポイントを分かりやすく教えてくれますよ♪

 

女性のカラダから発せられる、赤信号に気づこう

多くの女性が抱えている様々な生殖器にまつわる不調:PMS、生理痛、生理不順、不妊症、婦人科系疾患など・・・
キャリア志向な女性が増えて追われる生活の中で過ごしていると、自分の体と向き合う時間は二の次になりがち。

ですが、ホルモンバランスの乱れから生じる月経や婦人科系に纏わる不調のみならず、
不眠症や抜け毛などといった状態は、実はカラダから発している赤信号なのです。

アーユルヴェーダでは
“Disease starts with stagnation ~ 病は、エネルギーの停滞から始まる”
という考えを持っています。

体に取り入れた全ての物質や感情は、それらを消化するために様々な臓器がエネルギーと共に
働き機能を維持しています。
そして、臓器を守る骨や筋肉や神経は、私たちが生きていく中で様々な経験を重ねる度に、
その感情を体にメモリーとしてインプットしていきます。

女性のカラダにとって、骨盤ってとっても大事

中でも特に骨盤エリアは色んな感情を溜め込むデリケートなエリア。

嬉しい感情、怒りの感情、恋愛関係、性生活の経験・・・
社会、仕事、家族からのプレッシャーは気づかないうちにストレスとして体に影響を与えています。
感情を抑えがちな状態が長い間続くと、骨盤エリアのみならず、エネルギーに滞りが生じ、
病の原因をつくってしまうと考えるのです。

婦人科系疾患の原因は様々ですが、今まで多くの女性を診てきた経験から、
大概の方の体は元気なのです。
検査をしても体の機能には問題無い。思う通りに体が反応しなくて、その苛立ちが原因で
心が乱れてエネルギーに滞りが生じてしまうという流れなのです。

それは、月経も同じで月によってはなんともなかったり、生理痛がきつかったりと
変動が激しいときは自分のライフスタイルをまず見直してみてください。

ハート(心)の声を聞こう

自分のハートが本当に喜ぶことをし、心から楽しい!と思ながら生きているでしょうか?

好きな人といる時や楽しいことをしているときのワクワク感は、仮にライフスタイルが乱れていても、
ものすごいパワーが出て喜びを感じます。

ホルモンの仕組みは実に複雑で医学的に学ぶとなると難しい。
そして、アーユルヴェーダのライフスタイルに基づいて自分の体質に合った
食や習慣を取り入れたい思っても、ハートが喜んでいなければ体は反応してくれません。

ちょっとしたストレスで反応する私たちの心と体。
専門的な改善法を取り入れる前に、ご自身のハートの声に耳を傾けて
心から楽しいと思う生き方を目指してみるところからはじめてみませんか。

アーユルヴェーダ視点でみる女性の健康について学びたい方は
福田真理 『女性のためのアーユルヴェーダ』テーマ別体験ワークショップ
がオススメ!

この講座では、専門的なホルモンの仕組みやアーユルヴェーダ視点での軽い症状の緩和法を
学んでいきますが、心の状態を観察していくエクササイズも行いながら、
心と体の調和を目指した講座になります。
個人差はありますが、この講座を受講されて感情面の解放や今の在り方を
見直されて改善された方がいらっしゃいます。

 

女性のためのアーユルヴェーダ心の声を聞いて女性特有の身体の不調を改善したい!というかたへ
福田真理先生による『女性のためのアーユルヴェーダ:集中講座』
東京7月、大阪9月開催予定!

アーユルヴェーダでライフスタイルを輝かせ、女性特有の心や身体の悩みを解消!
講座の詳細はコチラ⇒⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加